クラウドの利用法を覚えていく

Pagelist

クラウドサービスの利用法のひとつ

クラウドの利用法を覚えていく 僕は今現在、クラウドサービスをいくつか利用しています。全て無料のもので、最初からパソコンに専用ソフトがインストールしたものも含め、4~5つのサービスを利用していますが、正直申しまして、住み分けが出来ていなかったりします。ほとんどが、会社と自宅、そして外出先で、パソコンなり、スマホなりで使用するファイルを入れておく、というのが主な利用方法だったりしますが、もうひとつ、ちょっと別の利用法をしております。そのクラウドサービスは限られてしまうのですが。
普段は、友人と、そして会社の人と、ファイルをメールでやりとりしている事が多いのですが、たまに、メールで添付するには、ちょっと容量が大きすぎるのではないか?というファイルがあります。メールサーバーにも容量制限があるので、そこに引っかかってしまうのではないか?というものです。まあ直接DVDに焼いたり、USBメモリで渡すのもいいのですが、お互いが離れている時は、そうもいきません。その時に活用するのが、ファイルの共有サービスです。
クラウドサービスには、アップしたファイルを、他の人と共有できるサービスを実装しているものもあります。それを利用し、アップしたファイルのアドレスを、友人または会社の人に知らせ、そのアドレスからダウンロードしてもらうのです。こうすれば、メールを介さないので、メールサーバーを圧迫することもありませんし、好きなタイミングでダウンロードできます。誰でもダウンロードできるのはまずいので、当然ながらパスワードをかけます。この利用法がなかなか便利で、活用しています。
Copyright (C)2022クラウドの利用法を覚えていく.All rights reserved.